車の整備の写真

私のオススメの中古車専門店

中古車を選ぶには様々なポイントがあります。今回の投稿では私のお気に入りの中古車専門店を紹介しつつ、説明していきます。

安心整備保証の本当の意味

実はいつもよく触れている部分なのに、保証の中に含まれていないのがエアコンやパワーウィンドウだったりします。これらいわゆる整備できない部分、寿命を把握できない部分を保証に含めていない中古車販売店は多くあります。

また含めていたとしても、これらの部分の保証だけは保証年数が実は短く設定されていたりします。しかし、私が紹介する「CSオートディーラー」はそこが違います。2年保証ならその部分も2年、3年保証の設定ならその部分も3年きちんと保証されます。まさにお客様目線で設定されている保証なのです。では、逆に整備できるもの、寿命をコントロールできるものに対する保証はどうでしょうか。これは保証内容だけでなく、「整備できる部分」なわけですから、まさにその販売前の整備が重要になるわけです。壊れなくなるための整備をそもそもしているか、CSオートディーラーはそこを重要視しています。だからこそ「安心整備保証」なんですね。

 

メーターも100%信頼できるお店

中古車販売店のメーター改ざんに関するニュースがなくなったと思ったらまた出てきます。メーターの情報は中古車を購入する側にとっては中古車の価値そのものに関わる重要な部分ですから、絶対に改ざんだけはしてほしくないものです。

車のメーター

さて、中古車業界全体としてはこのメーター改ざんを防ぐためにどのような手立てをとっているのでしょうか。こうした悪質な業者があると、購入者側としては販売店に対して、100%の信頼をおけるような手立てをとってほしいと感じるものです。実は、こうしたメーター改ざんは誠実に中古車販売をしているお店にとっては迷惑以外の何物でもありませんから、日本オートオークション協議会はメーター管理システムという開発、発足させました。これによってメーター改ざんを見抜くことができ、結果的に改ざんされた中古車があれば、お店側は仕入れの段階でそれを見抜くことができるのです。

このシステムを導入しているお店の中にCSオートディーラーがあります。安心して車を見ることができるお店だということですね。

シトロエン2CV

海外の自動車税事情をご紹介

自動車を保有している人は自動車税を毎年支払わなければなりません。車検と自動車税が同時にきた場合、かなりのまとまった額を支払わなければならないのでショックを受ける方もいるでしょう。では日本の自動車税は世界各国と比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?ここでは世界各国の自動車税について比較してみましょう。

 

そもそも、自動車税とは?!

自動車税は車検を受ける受けないに関わらず納税義務が生じます。自動車税は毎年5月に支払書が送られてきます。この自動車税は車の排気量によって金額が異なり、1000㏄までが29500円、1000~1500㏄が34500円と排気量が大きくなればなるほど自動車税は高くなります。4500㏄~6000㏄になると88000円の自動車税を支払わなければなりません。一般的な普通車は40000円前後の金額支払わなければいけないので、一家に2~3台車を所有している場合、かなり高くなってしまうでしょう。 続きを読む “海外の自動車税事情をご紹介”

交通事故の風景

今だから知っておこう。自動車保険の予備知識

自動車を保有する場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険に加入しなければなりませ。自動車保険は数が多いのでどれを選んだらよいのかわからないという人も多いでしょう。しかししっかりと知識をつければ損をせずに保険に加入することができます。ですので自動車保険の選び方について一度は考えてみる必要があります。

 

自賠責保険は最低限の補償が得られる

自賠責保険は自動車を保有する人は必ず加入しなければいけない保険であり、強制保険とも言われています。自賠責保険は自動車事故で他の人にケガを負わせたり、死亡をさせたりしたい場合に保険金が支払われますが、自分に対しては物に対しての被害は支払われません。 続きを読む “今だから知っておこう。自動車保険の予備知識”