交通事故の風景

今だから知っておこう。自動車保険の予備知識

自動車を保有する場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険に加入しなければなりませ。自動車保険は数が多いのでどれを選んだらよいのかわからないという人も多いでしょう。しかししっかりと知識をつければ損をせずに保険に加入することができます。ですので自動車保険の選び方について一度は考えてみる必要があります。

 

自賠責保険は最低限の補償が得られる

自賠責保険は自動車を保有する人は必ず加入しなければいけない保険であり、強制保険とも言われています。自賠責保険は自動車事故で他の人にケガを負わせたり、死亡をさせたりしたい場合に保険金が支払われますが、自分に対しては物に対しての被害は支払われません。

 

任意保険に入ろう

自賠責保険の強制加入と違い、任意保険は任意で加入する自動車保険です。自賠責保険の補償は障害を負わせた場合は上限が120万円、死亡させた場合には3000万円の制限があります。自分の財産にたいする 被害や自賠責保険の範囲を超える対人被害をカバーするために任意保険はあります。任意保険は自動車を運転する7割程度の人が加入しており、できれば任意保険は加入しておいた方が何かあった時に安心でしょう。

 

任意保険で補償される内容は各保険プランによって異なる

任意保険で補償される内容には対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険などがあります。対人賠償保険は自賠責保険にも一定額は含まれていますが、任意保険でさらに充実させることができます。対物賠償保険は事故で壊してしまった物に対する修理費が支払われます。車もそれに当たります。搭乗者傷害保険は契約者のみですが乗っている人全員のケガや死亡を補償することができます。人身傷害補償保険は事故で他人にケガをさせた場合や、自分のケガや契約者以外での事故も広くカバーしてくれます。任意保険の保険料は保険内容によってことなりますし、等級によっても異なります。年間7万円程度~10万円前後の保険料が一般的でしょう。対物保障を付けると保険料が高くなります。