toyota2

日本国内外の自動車メーカーの特徴、評判

日本にはいくつもの自動車メーカーがありますが、海外にも有名な自動車メーカーはたくさんあります。ここでは国内外の有名自動車メーカーをいくつか比較してみましょう。いったいどんなところに特徴があるのでしょうか?

 

日本NO1メーカーといえばトヨタ

日本でNO1の自動車メーカーといえばトヨタです。トヨタは日本における自動車シェアナンバー1でさり、単一メーカーとしては日本一の企業になります。2013年度の売上高は20兆円にも及ぶと言われています。デザイン、ブランド力、性能、ラインナップ、イメージなどどれをとっても最上級であり多くの人から支持をえています。

自動車メーカーとして最大手であり、迷うことがあればトヨタにしておけば間違いないと考える方も多いのではないでしょうか?トヨタは故障が少なく、信頼性が高いことでも知られています。安全性がしっかりと確保できているためトヨタをリピートする人も多いのです。値引きを含め、車体価格に関しては他の日本国産の車に対すると、少し割高感がある値段設定になっています。足回りが柔らかく、見える部分を豪華に見せるのが上手です。同クラスの車種と比べても、トヨタの車体は内装での満足度が高く、豪華さがあります。またプリウスなどのハイブリッドカーで先行しているメーカーの1つとも言えるでしょう。

 

メルセデスベンツ

mercedes
ベンツ=高級車とイメージしている人は非常に多いでしょう。車に詳しくない人でも高級な外国産車はベンツであると答えることができるかもしれません。アルファベッドによってグレードが異なり、AグレードからBグレード、C、E、Sグレードと上がっていきます。

 

BMW

BMV
ベンツと並んで高級車というイメージがあるBMWは頭文字の数字でグレードを表しており、数字が大きければ大きいほど上位グレードになります。ベンツはラグジュアリーな内装や重厚感がありますが、BMWに関してはスポーティーな走行性能とシャープな外観が特徴です。