toyota

まだまだ海外で人気の日本の中古車

日本製の車は安全性が高く、機能もよいので非常に人気があります。日本ブランドの車は多くの人に愛用されていますが、海外でももちろん日本製の車は大人気です。改めて、海外で人気の日本製の車について説明していきましょう。

 

海外ではオートマよりもマニュアル車の方が人気!

日本では多くの人がオートマ車を選びます。しかし海外では、オートマ車よりもマニュアル車の方が人気を集めているのです。日本ではオートマ車が主流になっているため、今現在ではかなり需要が低くなっているマニュアル車ですが海外では非常に人気があります。

マニュアル車はオートマ車よりも耐久性に優れており、修理する際も簡単であると言われています。日本人にはマニュアル車は、操作が難しく走行中面倒だと感じることが多いですが、海外の方にとってはマニュアル車が普通なので操作性に関して面倒と感じる人はほとんどいないようです。

 

海外では耐久性のよい車が人気

海外ではデザインや新しさよりも耐久性がいかに優れているのかが重要になります。日本ではほとんどの道路が綺麗に舗装されていますが海外ではそんなことはありません。舗装された道ばかりではなく、でこぼこした道や荒れた道などもたくさんあります。

そのような道路を走ることになりますので少しでも耐久性に優れていて、かつ壊れにくい車が人気が高くなるのも分かりますね。海外では日本製の車を30万キロ以上走行している人もたくさんいらっしゃいます。塗装が剥げたりへこんだりしていても走れればOKという考えが多いのです。

考えてみたら、みんなピカピカの高級車に乗っているなんて、すごく不自然な状態ですよね。

シトロエン2CV

海外の自動車税事情をご紹介

自動車を保有している人は自動車税を毎年支払わなければなりません。車検と自動車税が同時にきた場合、かなりのまとまった額を支払わなければならないのでショックを受ける方もいるでしょう。では日本の自動車税は世界各国と比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?ここでは世界各国の自動車税について比較してみましょう。

 

そもそも、自動車税とは?!

自動車税は車検を受ける受けないに関わらず納税義務が生じます。自動車税は毎年5月に支払書が送られてきます。この自動車税は車の排気量によって金額が異なり、1000㏄までが29500円、1000~1500㏄が34500円と排気量が大きくなればなるほど自動車税は高くなります。4500㏄~6000㏄になると88000円の自動車税を支払わなければなりません。一般的な普通車は40000円前後の金額支払わなければいけないので、一家に2~3台車を所有している場合、かなり高くなってしまうでしょう。 続きを読む “海外の自動車税事情をご紹介”